わたしは頑張れるのかなぁ?

凹凸のある子育てや日々の生活を書き綴っていきたいと思います。

相談1



昨日は

出勤する前に

いつも相談にのって頂いている

市の発達障害者相談センターの所長さんに

予約をとって行ってきました




ここにたどり着くまで

結構長かったんですね

娘が低学年の時

市の相談室を利用したことがあって

そのとき相談にのってくれた人は

以前は教職をしていた方で

退職後にこの仕事をやっていたようです


娘の反抗的な態度を

泣きながら相談しました

先生は

「やりあっていいんだよ

 あなたも言いたいこと言っていいよ」

と言いました

私はそれを素直に受け止めてしまい

それから

しばらくは娘が威張り散らすと

同じ土俵にたって

言い合いをしていました。


でも

いっこうに良くはならず

どんどん悪い方向にいくばかり・・・


小学校3、4年生の時の私は

しょっちゅう

学校と会社と自宅と

行ったり来たりの日々でした






そして

んっ?と疑問を持ち始めました

ちがう

同じ土俵にあがってはいけないんじゃない?

と・・・・・




図書館で

いろんな本を借りまくりました

娘の状態と似たようなことが載っている本

読みまくりました

そして

少し他の子と違うなって

思い始めた







中学2年のときに

スクールカウンセラーの方に

娘のことを相談して

あるこだわりを指摘されました

そして

自閉傾向があるんじゃないの?って



そして

市の相談では

また

頭の堅い

発達障害の知識のない人では

ダメだと思い


県の

発達障害者支援センターに行きました

今までの生育歴を話し

どうしたらいいかと聞きました


とにかく

受け止めること

一緒になって騒がないこと

相手の気持ちが高ぶっているときは

自分は冷静になること




持って生まれた気質なので

育て方が悪いわけじゃない




そこでは

検査もできるんだけど

本人に全く困り感がないから

連れてこれない

しっかり

発達障害者支援センター

と看板があがっているので

それだけで

多分これないでしょう

と・・・・



そちらで

何度か相談にのってもらいました

そして

市内にも

発達障害者支援センター

ができて

そこに行った方が近くていいよ

と教えて頂き

中3のときから

なにかあると

駆け込み寺のように

お世話になっています




昔からあったそうなんですが

表にはでてなかったんですね



早くに知っていれば・・・・・


と後悔です




今日は

1時間半近く

時間を取って頂き

いろいろと愚痴を聞いて頂きました



「一度会ってみたいよね~」


と所長さんはおっしゃいました



間違いなく

無理・・・・・



偶然を装わないかぎり



とっても

鼻のきく娘なので

絶対

カンが働く




外での様子は

それなりに頑張っている様子なので

これから

社会にでていっても

大丈夫だろう

と・・・・・

その分

家の中では

そのストレスを

発散するので

この状態は

続くだろうって




とにかく

自己愛の強い娘

依存も強い


でも

自立してもらわなきゃ・・・・



まぁ

相談に来た頃より

物を投げる

破壊する

蹴る

地団駄を踏む

なんかが

なくなったから

少しずつ大人に

なってはきてるんでしょうが



障害と思春期がミックスされて

しまっている今


私には

我慢・忍耐が

限りなく要求される


所長さんは


「娘さんはこれから世の中に出て

 どんどん世界がひろがっていく

 だから要求も多くなってくる

 でも、おかあさんは

 これからだんだん世界が狭くなってくる

 (ぶっちゃけ 年寄りに近づいてるってこと

 そこで折り合いがつかなくなるから

 そこは、暴れても何しても

 出来ないことは出来ないって言わなきゃね」





「弟さんは、お姉さんにされてること
 
 これから先

 恨んだりする子ではないよ

 多分ケロッとしてるんじゃない?」 





他にもいろいろとお話をしました



所長さんにすっかり依存しています

頼みの綱です



また

なにかあったら

すぐ電話しますからね







元だんなのこと



元だんな

なんで離婚に至ったのか

まぁ

私が忍耐強くなかったといえば

それまでなんだけれど



彼は

家庭人としては

何かが欠落していました



初めて会ったとき

この人はなんて心が広い人なんだろう

って感動しちゃったんですよ



でも実は

な~んも考えない人

だったんですね

他人のことには

全く興味がなく

もちろん

家族にも興味がなく

だから人が何しようと

気にしないんですよ

それを私は

心が広いなんて

思ってしまった

あ~なんて浅はか・・・・



彼は

パチンコ大好き

女の子大好き

仕事は3年サイクルで転職

の人でした


500円玉があれば

パチンコに行ってしまうほどの

バカっぷり




一緒に暮らすために

他県から来たばかりの

私がいるのに

研修にきた新入社員の女の子の

ホテルに泊まって

朝帰り

ここから

続く続く




しばらくは夫婦で

職場が一緒だったんですね

飲み会となれば

私が同席していても

お気に入りの女の子と

これでもかっと密着して

イチャイチャしまくります

周りも見て見ぬふり

さすがに切れました・・・・

そしたら逆ギレ

「なんでだめなんだ!」

とくる

もう限界と思ったこの時

でも

神様はまた私に試練を与えた

その1週間後ぐらいに

妊娠が判明



金銭的にも厳しかったので

産む1ヶ月前まで働いて

産後3ヶ月で保育園に娘を預けて復帰

この頃は

自分でもよくやったなぁ~

って思います



その後娘が小学校に上がる頃には

姉妹が居た方がいいなって

考えて

(なんせ我が儘娘でしたから)

子作りしたんですが

連続で2度流産

薬や注射で3度目の妊娠は

無事に出産までたどりつけました



前の日に流産して寝ている私に

「君は寝てるだけだからパチンコに行ってくるよ
   
              だから、お金ちょうだいね」

と出掛ける彼




2度目の流産で手術したその晩

私は安静状態なのに家に来て

食事の準備・後片づけをさせられて

「もうあきらめろ 子供はいいんじゃない?」

と酒を飲んで食べるだけ食べて

帰って行った元旦那の父親

泣きながら食器を洗っていた私




なんか違うよね




子供の新しい靴を買って

部屋に置いておくと

「俺にパチンコ代はくれないのに

         こんなのは買うんだ」

って新品の靴をぽーんと投げた





娘のクラスのお母さんから苦情が来たとき

彼に相談したら

「俺が言われた訳じゃないから

       俺に言われても困るよ」

あなた父親でしょ?

これでもうダメだと悟った




この人父親の役割を知らない




弟が生まれると

娘も情緒不安定で

子育てにしか手がまわらず

元だんなは後回しだった

それが元で

堂々と

夜、電話が掛かってくると

出掛けるようになった

相手は同じ職場の

4歳ぐらいの男の子がいる

シングルママ

まだ20代だったかな



ある日

隣の部屋で寝ているのに

メールが来た




母子家庭になって手当もらって

暮らした方がいいんじゃない?



だって


あきれましたよ

なんなんこの人





とりあえず別居しましょと提案して

行くところのない私は子供と共に残り

彼を実家に追い出した




まわりから

「あなたのだんなさん

 ***さんと歩いてたよ」

と親切におしえてくれる人もいた





そのとき

娘はちょうど小学校3年生にあがる4月

息子は10ヶ月だった



それでも

彼の父親・兄・兄嫁は

私の我慢が足りないって罵った

(母親は亡くなっています)

妹夫婦だけは

あの兄貴はもうどうしようもない

とわかってくれ

他人が口出しする事じゃないよ

って言ってくれた




兄嫁にはかなりやられました

全く苦労知らずで育った人で

長男と結婚しても

自分の実家の目の前に家を建てて

子供のお風呂は親に入れて貰って

大変なのよ~と言う人

そんな人に

あなたは我慢が足りない

なんて言われりゃ・・・・




兄夫婦の電話番号は着信拒否にしました




私は

自分も悪いところがあったと認めているのに

彼は全く自分が悪いとは思ってない

それがとても憎たらしかった



いい加減離婚してくれ

と言われ9月に調停離婚が成立





その後は


大変だったけれど

周りの声援でやってこれた



娘が小さいときから

知っている親はうちは

最初から母子家庭みたいだったじゃん

と慰めて?くれた




そう

行事なんて出てくれなっかたし

いつも私と娘の2人だった




だから

娘は私に対しての依存が強いの





日々の雑務も元だんなは

全くやらなかった人だから

金銭面以外で

だんながいなくても

苦労はなかった




ただ

娘は

根にもってる

私が離婚したこと



彼女が小5まで

離婚していたこと

実は隠していたんです


子供達は

4ヶ月に1度くらいは

会っていたので

ただ

別々に暮らしているとしか

言わなかった



てか

言えなかった

当時 娘は学校で

かなり

問題をかかえていて

そこまで

言える勇気がなかった



隠していたこと

許せないらしく

恨んでいる






元だんなは

一昨年

再婚したらしい

子供が昨年末

生まれるときいていたけど

生まれたのかな








娘にはもう隠し事はしたくないので

再婚したことを知ったら

すぐに伝えた



元だんなは

自分から面倒くさいことはしない人

自分から娘に言ってくれる?

とお願いしたら

案の定

そのうちね・・・

とかえってきた

相変わらずだこの人




娘に勇気を振り絞って言ったら

あっけなく

「彼女いるの知ってたよ」

だって

「この前会ったときに

 携帯の待ち受け画面が女の人だった」

「弟がこれ誰?って聞いたら

 彼女だよって教えてた

 私はそのとき嫌だからトイレに隠れた」



そんなこと聞いてなかった



娘は娘なりに悩んでいたんだね

私に気を遣ってくれていた


「これからどうする?
      お父さんと会う?会わない?」

「あなた達のお父さんに
  かわりはないんだよ
    堂々としてていいんだよ」

と聞いたら、娘は

「会わない」

即答


以後、かれこれ1年以上

子供達は父親に会っていません




息子は会いたがっているんだけど

その旨メールをしても

仕事が忙しい

で会ってくれません




悪いことに

息子には

離婚したこと

まだ伝えてない



早く言わなきゃ

と思うんだけれど

タイミングがない




逃げてるのかも・・・・

でも

そろそろ

言わなきゃあね












読んで下さってありがとうございます。
よろしければ ぽちっ とお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ



私の子供時代

ブログネタ
に参加中!


まず、私の子供時代をかいていきたいと思います


これが、

私の子育てに影響を与えているのかもしれません

わからないけど、いわゆる

アダルトチルドレンってやつ?なのかも・・・・




私には、2歳上の姉がいます

それと父・母

私が小学校4年生までは

ごく普通の家庭だったと思います




父が、浮気をしているらしい・・・・

母は、それを私には隠しませんでした

          母はとんでもなく気性が激しく

          のちに娘と私の母はそっくりの性質なんだと

          気がついたときには

          なんというか

          落胆しました


いつだったか

父が背中を丸めてうずくまって

その背中を叫びながら

ぐぅで叩いている母がいました

そして私に

「お父さんは悪いことしたんだよ

         お前も一緒に叩きなさい」

って言うんです

意味がわからず一緒に叩いてた記憶が

わずかに残っています



それからしばらくして

父は

女の人と

蒸発しました



私達は、

母の実家の近くに引っ越しました

なんかコソコソと昼間の夜逃げみたいでした


小学校も転校しました。

4年生の3学期のはじめでした

「なんで転校するの?」

って聞かれて

まさか父親がいなくなっちゃったなんて

言えませんでした

あの時代は母子家庭すら物珍しかった時代

引っ越し先は同じ市内でバスだと1時間ちょっとの所です




しばらくは生活保護をうけていたらしいです

        (これは、あとで知りました)

母は、

まぁこれも定番というか

スナックで働き始めました

私と姉は

2人で留守番です

しばらくは

クリスマスもお正月も

夜は2人で過ごしました



生活にも慣れてきた頃

母は

家に男性を連れてくるようになりました

この話は本当は書きたくない

思い出すのも嫌です

かなりのトラウマ



当時2階建てのアパートに住んでいました

下に居間と台所・トイレ・お風呂

上に2部屋

夜、男性が来ると

私と姉は

そそくさと2階にあがります

帰るまで下には降りれません


男性は

同じ学区内に通う子供の父親でした

(確か、姉と同級生の子供がいたかな)



最悪でした

安いアパートでしたから

声はきこえるし

トイレは我慢だし

高校生の時は

もろあの現場に遭遇したときもあります

(そのときの母のお相手は近所の酒屋のだんな)



PTAの飲み会なんか

近所の親父が迎えにくるんです

「 ほら いくぞぉ~ 」

ってな感じでね

男好きする人だったんですね








今、キーボードを打ち込む手が震えています

ほんとに

思い出したくない子供時代です

日常の生活なんて

正直ほとんど記憶がないんです



母は

母であるより

女を選んだ




必死に育ててくれたことには

感謝しています

私が同じ母子家庭の母となってみて

その大変さは心底理解できます

でも、やっぱり

私達だけ見て欲しかった




反面教師がいたおかげで

私は

離婚して

女を捨てる!!

って決めました


あんな辛い思い

絶対に子供達にさせたくない




再婚前提で

子供達も信頼してくれる人がいれば別だけどね


       そんな奇特な人はいないって







そんな小学校時代を過ごした私です






母は元気です

今も、地元で一人で暮らしています

娘と母は同じ電極の磁石なのでくっつきません

と~っても気が合いません

2人とも

自分に合わせろって人達だから

どうやったって合いません




母は、私に遠慮無く娘の悪口を言ってきます

「どうしようもない子だねぇ あの子は

なんて軽い軽い

もっと酷いこと言われましたから

自分の子供の悪口を

自分の母親から聞く

もうたまりません






母とは、1年に2、3度ほどしか話しません

それも母から掛けてきた電話のみ


何年か前までは

行き来もしていたんですが

あることがきっかけで

(これは、後日また書きますね)

会うことはなくなりました

それに

我が家は貧乏

会いに行く電車賃なんかありません






ひどい娘だと思われるかもしれませんが

だめなんです

私、母より自分の子供を選びました





その点

姉は偉いの

離れてくらしてはいるけれど

きちんと母の面倒をみています

ごめんね

ありがとう

こんな不甲斐ない妹で申し訳ない


年を取って一人になったら

一緒に暮らそうね







そうそう

父のその後ですが・・・・・

私が高校3年のとき見つかりまして

母は連絡を取り

今までの生活費を要求したんですが

すぐに亡くなりました

私が卒業式を迎えた頃





遺骨は

一緒に住んでいた女性が持ってきました

とりあえずお葬式もだしました

身内だけでひっそりとね

骨は、父方のお墓に入りました




ほとんど

父の記憶はないけれど

嫌いじゃなかったなぁ

だまって出ていったことは許せないけれど

あの母が妻だったら

きつかったと思うよ

お父さん









読んで下さってありがとうございます。
よろしければ ぽちっ とお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ








こんにちは




こんにちは RinRinです。



ブログを作成しました。

わたしの愚痴ブログです。





子供達は、

自分が他の人よりちょっと違うことまったく自覚ありません



娘(高校1年)

(この春に高校2年に無事進級しましたので修正します。)


生まれついたときから、気性が激しく

あちこちでトラブルの火種となっています。

家では、座布団10枚ぐらい重ねて座ってる程のお殿様

口癖は

「はぁ~?」

「うぜぇ~」

「死ねば?」

「バカじゃねぇ?」

「消えろ」

以上の暴言を毎日私と弟に向かって吐き出しています。


彼女が小2の時に弟が生まれ

その約1年後に離婚

淋しかったのかもしれません

一生懸命子供達をみてきたつもりですが

みてなかったのかも・・・・・

息子の発達神経の先生に相談したら

「早く療育すればよかったね」

と、時すでに遅し

いまさら診断名ついてもねぇ

(小学校の時、少し違うって先生に訴えたけれど

 普通の子とかわらないよって取り合ってくれなかった)

本人も困り感全くないので

どうしようもありません。







息子(小学校2年)

(こちらも春に無事3年生となりました)


こちらは、生まれたときから動きが激しく寝ない子でした。

保育園の年長さんで小児科の先生に診察中の多動を指摘され

(私は、ずーっと怪しんでいた)

AD/HDと診断

小2の夏休みにWISC-Ⅲ検査とK-ABC検査をしました。

多少の学習障害も発見されました。

ほかにも通院している診療科目があります。

多動はだいぶ治まりつつありますが

注意欠陥はまだまだ・・・・。

天然キャラでクラスの女子に人気です。

姉の暴言や行動が息子の心を少しずつ

傷つけてしまっていることが心配







ざざっと簡単にまとめるとこんな感じ





ここのところ

娘の反抗的態度が

流せなくなってきて

(私が、すんなり受け止めていれば、ご機嫌は良い)

かなり、テンション上昇中

それとは反対に

私のテンションは下降中

かなり落ちています

しんどいです






なので

このブログは

完璧愚痴吐き専用ブログです








私のへたくそな子育てに

ご批判も多々あるかと

思いますが・・・・






私の

唯一の愚痴吐き場です。



ご了承くださいね。








同じように

子育てに

つまずいて

悩んでいるお母さん




少しでも

共感していただければ

嬉しく思います。






よろしく

お願い致します













読んで下さってありがとうございます。
よろしければ ぽちっ とお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ










~ご訪問ありがとうございます~



初めていらしてくださった方へ・・

カテゴリー別の
「はじめましてRinRinです」
からお入りください


その次に
「まずここから・・・・
      私の子供時代」
を読んでいただけると嬉しいです




ごゆっくりどうぞ  (^∀^)



livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ