息子は

私のお腹にいたときから

元気で

私のお腹の形が変わる程

暴れまくっていました




そんな

やんちゃ坊主です

娘もやんちゃで大変でしたが

やっぱり男の子

やんちゃの度合いが

全く違います





歩くようになると

しっかり手を繋いでないと

いなくなってしまいます

怪我も多く

やけど、爪がはがれる

な~んてことはしょっちゅうでした

内科より外科に通院する方が

多かったのはこの頃です





とにかく

よく転ぶ子でした

なので

ズボンの膝はいつも穴

それも右足の膝ばかり

新しく買っても

どうせすぐに破れるので

100均のアップリケは

必需品でした



保育園では

よく食べて

活発で

熱も出さずに

お母さん思いの子だねぇ

って言われてたっけ

娘のことで

大変だったのが

わかっていたかのように

休まず通っていました







でも3歳の誕生日前の4月頃に

喘息になってしまったんです





ほんとに元気で

飛び回っている息子

ある日の夜

どうも胸の音がおかしい

喘息持ちのお友達のお母さんに

胸の音を聴いて貰いました

これは発作だね

あ~やっぱり

すぐに

病院の夜間救急へ・・・

検査をしたら

喘息と診断されました

次の日には

蕁麻疹もでてしまいました

さらに、中耳炎のおまけつき




でも

暴れん坊の息子

吸入、鼻の吸引が大嫌いで

やらせてくれません

とにかくじっとしていられない

羽交い締めです(笑)



そして6月

夜中の発作で

またまた夜間救急へ

たしか2時頃だったと思います

もちろん

娘も連れて・・・・



吸入をして、一旦自宅へ

でも朝になっても

発作は治まらず

少し離れたところでも

荒い呼吸音が聞こえてきます

辛そうでした





土曜日だったので

娘を連れて

再度診察に行き・・・・

入院だねぇ~

先生から告げられ

私は

上の子が1人になっちゃうんです

誰も身内がいないんです

通院じゃ無理ですか?

と訴えました

夜中からの発作が治まらない

無理だね

点滴もしなくちゃいけないし

私は

しばらく時間を下さい

娘の預かり先を探します

と言って時間を貰いました

息子は

すぐに点滴、入院の準備です

元だんなに電話しましたが

即答、無理

頼んだ私がバカだった

とりあえず

オムツが欲しいのと

入院準備に家に帰りたいから

夕方、少しだけ来てくれるように

頼みました



娘と保育園時代から

家族ぐるみでお付き合いしていて

当時クラスも一緒だった

Oさんに電話しました

快く引き受けて頂き

すぐに

病院まで娘を迎えに来てくれました

娘も、弟の辛い状態を

見ていたので

駄々をこねることなく

病院をでていきました

これから

退院まで娘とは会えません

小児科は

子供の面会は一切禁止ですから




5年生になって

学校では

だいぶ落ち着いてきた

娘ですが

気持ちが不安定に

ならないか心配でした







でも


息子の非常事態

こっちを優先しなきゃね






しかし

この入院期間が

また別の意味で大変だった

息子の本領発揮?









読んで下さってありがとうございます。
よろしければ ぽちっ とお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ