入院した当日は

さすがの息子もおとなしく

(かなり体力消耗して
    
    いましたから・・・)



最初の1日目だけは個室

次の日は2人部屋

3日目には大部屋

と移っていきました



3日めぐらいになると

本来の息子が戻り

ベットの上になんか

いられません

アンパンマンのビデオを

ごまかしながら

見せていましたが

歩きたくて仕方がない・・・

点滴は24時間です

私は、点滴を押しながら

息子の後を追いかけます

走らないでぇ~

と騒ぎながら・・・・・

動き回るから

点滴の針がすぐにとれちゃうんです

はずれると

血がポタポタとこぼれてきて

大慌て

その度に

ナースセンターで

針を刺しなおして貰います

夜、寝ているときでも

動きが激しいので

はずれちゃうんです

私は、ほとんんど

熟睡できませんでした

多分

入院中で針をはずしてしまう回数

トップ10に

いや

トップ3に

はいっていたと思われます

ある看護師さんに

歩かせないで下さい

と怖い顔で言われました

そんなの無理!!

実際それを言われた日の数時間

大騒ぎしても

ベットから出さずにいたら

その夜は寝ぼけて

出して!!出して!!

と、泣き叫んでいました



先生に対しても

お構いなしです

タオルを

先生の顔に投げつけるし

吸入は相変わらず

だいっきらいでした




もうヘトヘトでした





同じ様に

入院している子供の付き添いは

みんなお母さんでしたが

夜になると

どの方も

おばあちゃんや、家族が

交替で来てくれるんです

私だけ

24時間つきっきり

お風呂もはいれず

ほとんど昼寝をしないので

目を離せないから

洗濯や売店にも行けない

羨ましかったなぁ~




子供達も

みんなおとなしい

我が子だけ

目立ってました










病院には

友人が何人か勤務していて

暇をみつけては

顔を出してくれたのが

嬉しかったですね

その1人に

使わないからと

吸入器を貸して貰った




2回ほど

元だんなが

夜来てくれました

急いで家に帰り

シャワーを浴びてすぐ病院へ

ほんの1時間ほどです

夜、一晩だけでも

泊まってくれないかと頼んでも

ダメでした



Oさんの家には

まめに電話をかけて

娘の様子を聞いていました


5日めぐらいになると

もう、限界かもよ・・・

目がさぁ

ぼおっ~としてるのよ


早く、退院したかった






土曜日に入院して

木曜日に点滴がはずれました

そうすれば

翌日には退院できます




息子も

すっかり元気になり

いや、

おつりがくるくらい

元気をもてあましてた






あとで知ったんですが

隣のベットの子が

保育園に通うお子さんで

(息子より小さかった)

元気だったよね

とても

入院してる子とは

思わなかった

と笑われました





無事、退院許可がおり

家に帰れました

吸入器も借りれたので

その薬を貰い

しばらくは

毎日、吸入です




吸入が家でできれば

夜中の発作も

対応できるので

即入院には

ならずにすみます




しばらくは

大活躍してくれた

吸入器様です




病院では

すっかり

顔と名前を

覚えられてしまった

息子です







でも、この子

他の子より

元気よすぎじゃあない?





と・・・・

思うように

なってきたのです





決して

野放しにしていた

わけじゃありません

ホントに

何度言い聞かせても

ダメなんです

すぐ

忘れちゃうというか

聞いてないというか



悩みが

更に増えてしまった・・・

我が家でした












読んで下さってありがとうございます。
よろしければ ぽちっ とお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ