喘息の治療は

月に1回診察に行くように

なりました。

あいかわらず

先生・看護師さん泣かせの

息子でした。





3歳児検診で保健師さんに

この子、元気良すぎて・・

と相談してみました。

実際、

検診会場でも我が子は

部屋中歩き回って

遊んでいました。

他の子は、お母さんの

近くに座って遊んでる。

息子と同じ様な子は

他に1人いたかな・・・



一般の検診が終了して

心配事のある親子だけ

個別に話を聞きます。

そこでは、

このぐらいなら大丈夫よ

元気がいいより

おとなしい方が心配

ちゃんとお母さんとも

コミュニケーション

とれているしね

だから気にしないで

と言われました。





う~ん

腑に落ちなかったけれど

とりあえず納得して

帰りました。





娘の学校の行事や

習い事などで、

息子を連れて行くと

いやぁ~大変でした

一ヶ所にはいませんから。





人が大勢いるところでは

静かに出来ません。

何度言い聞かせても

難しかった。

娘と同様、

『待つ』ことが

苦手で更に、

じっとしていられない!!





飴とお菓子は、

必ず持ち歩きました。

我慢できなくなったときに

それでごまかすんです。



あとは、お気に入りの

おもちゃ持参です。




まわりのお母さん達には

元気が良くて大変ねぇ

と言われてたっけ。

おもしろい子ねぇ

とも言われてましたが





その後

小学校に入った頃には、

あら~

成長したじゃない

とお褒め?のお言葉。




物を破壊するのもお得意

小さい物は数しれず・・・。

(覚えていません

大きい物では、

掃除機・・・

現場をみていなかったんで

わかりませんが

ホースの部分を破壊。


炊飯器・・・

落とした

などなど







駐車場で車から降りる時も

だぁ~です・・・・。

何度、車にぶつかりそうに

なったことか



そんな時

以前の記事にも書いた

多動の子に、

ディズニーランドは最大の難所

教えて下さった先生に

相談すると、

車を降りる寸前に

降りたら動かず待つように

指示するといいよ

とアドバイスを受けました



それからは、それを実践

降りる度に

必ず言いました。

それで、10割中7割は

守ってくれるように・・・・





買い物ももちろん大変

これは娘も同様だったから

なんとか、クリア。






そんな様子だから

保育園以外には

短時間でも

友人にも預かっては

もらえなかったんですよ






今から

考えると

体力勝負の子育てでしたね




若くはない母なのに













読んで下さってありがとうございます。
よろしければ ぽちっ とお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ