6年生になると

修学旅行があります。



ここで気になるのは

そう.....

グループ決めですよね。

好きな子同志で決めます。



娘は

クラスでも

面倒見が良くて

頭も良いMちゃんと

5年生から

友達関係で不登校気味の

Aちゃんとの3人でした。

(Aちゃんの不登校の原因は娘ではありません)




教室で

Aちゃんと娘は

一緒にいることが多く


(お互い仲の良い子がいなかったからだと思う)



Aちゃんは精神的に

かなりナーバスになっていて

旅行にお母さんが

付いていってしまうんじゃないかと

思うほどでした。



でも

娘はAちゃんに

優しく接していました。



修学旅行の夜。

宿泊先はホテルなので

お風呂は部屋ごとでした。



Aちゃんは

怖くて一人では

お風呂に入れないって

泣き出してしまったそうです。


困った先生は

娘とMちゃんに

Aちゃんが

お風呂に入っている間

ドアを開けて

見ていてあげて

と言ったそうです。



2人は

Aちゃんが

お風呂から出るまで

ドアを開けて

待っていてあげたそうです



それ以外でも

すぐに泣き出してしまう

Aちゃんに

根気強く付き合って

あげたそうです。





自分より

絶対的に弱い子には

やさしいんです。




Aちゃんは

クラスの子の一部に

いじわるされていました。


席にいないすきに

給食の残り物を

置かれたりしていました。

娘は

そういった集団での

いじわるはしない子でしたので

(娘は自分の怒りや寂しさを悪い行動で相手にぶつける子)

Aちゃんは

娘を頼りにしていたようです。



Aちゃんは

中学になっても

ほとんど相談室登校でした。

娘は

ちょくちょく

相談室に遊びに

いっていたようです。







こんな

良いところもあるのに

なんで

自分のことになると

相手を

攻撃してしまうんだろう?





白黒はっきりしすぎの娘。



『昨日の友は今日の敵』




これって

一生こうなのかなぁ~

損してるよね。













読んで下さってありがとうございます。
よろしければ ぽちっ とお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
 
    
    人気ブログランキングへ