息子には


否定的にならず


頑張ればできる


と教えてきた。




つもりだった・・・・。



夕べ

久しぶりに


パニックを起こして


約三時間ほど


泣き続けていた。





息子は

自己評価がかなり低い。


私はなるべく


それに注意して


接している。


例をあげると

「マラソン大会」


息子は、結構足が速い。


娘も同様だ


でも勝気な娘は


それをプラスにしてきた。


なので


小学校で古くからいる先生は


息子の苗字をみると


あ~やっぱり弟君ね。


と言って期待する。

一年生のときは

新記録が出ちゃうよね。

と先生方に言われてのぞんだ本番。

人前が苦手で

プレッシャーに弱い。

案の定

ゴールには泣いて帰ってきて

順番は10位ぐらい。

運動会も同様。

本番は全くだめ。

緊張すると体がこわばってしまい

思うようにできないんだと思う。



先生には

あまり負担をかけないでください。

とお願いした。


1番じゃなきゃだめなの?


こだわる息子。



そんなことないよ。

一生懸命やればいいの

お母さんは

1番なんかどうでもいいよ。



と言い続けた。


2年生になり

だいぶ改善され

運動会もかたかったけれど

去年よりかなり成長した。

マラソン大会も3位とがんばった。




学習では、いまだに

九九全部を覚えきれていないのです。

(ごく軽い学習障害があります)


特に4,6,7,8のだんがだめ。

声に出して暗唱するのも苦手だし

ランダムに問題をだされると

ひっちゃかめっちゃかになっちゃう。

冬休みは

マス計算のプリントを私がつくってあげて

それをがんばってやった。




でも3学期のまとめのテストでは

最後まで良い点数はとれなかった。



春休みは、宿題という明確なものがない。

掛け算がとっても苦手な息子のために

プリントをコピーして

毎日学童に持っていってやらせようとした。





そして、ゆうべ

やだっ!! やりたくない

やってもできない。

と泣きはじめた。

努力しても出来ないことはあると思うよ。

でもね、なにもしないでできないのはちがうよ。

と、一生懸命なだめてもだめだった。

足を踏み鳴らし

つめを噛みっぱなしで

泣いている息子。


僕は、頭が悪いからできないんだよ。


なんで?

だれが言ったの?

お母さんはそんなこと思っていないよ。


じゃぁさ、わかった

明日は自分の勉強したいものを

学童にもっていっていいよ。


わたしも少し妥協してしまった。




それでも

泣き続ける息子。

そうなると、私は完全スルーする。


夜の10時になってしまった。

布団に入れても泣き続けていて

そのまま寝入りに入った。






朝、起きてきた息子。


今日、掛け算のプリント持って行くね。


と、言ってくれた。


えらいね。

できるとこだけでいいし

ゆっくりでいいんだよ。


と、プリントをリュックに入れて送った。






少しずつだけど、成長している。

息子のいいところは

最後には、

がんばって努力しようとするところ。

(追いつめられなきゃだけどね)




でもね、息子のことで

もうひとつ悩みが出来てしまった。

それは

次の記事で書かせていただきます。






他人から見たら

些細なことで

どんだけ

悩むんだよって感じだけれど



小さな悩みが

たくさんあって

それこそ掛け算すると

すごい量になるわけなんです。







自己評価の低い子には

どういう対応がベストなんでしょうか?










setsudenb_j_120_90


読んで下さってありがとうございます。
よろしければ ぽちっ とお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
 
    
    
人気ブログランキングへ