今朝

着替えをしている息子をみていたら・・・・







パンツ





後ろ前逆に穿いてたぁーーー (つд⊂)ゴシゴシ






穿きなおすように言ったら


「平気だよぉ~ん」だってさ・・・・


「体操着に着替えるときに笑われるよ」と言ったら


「あっ そうかぁ~」


と、穿きなおした息子であった ε=ε=(;´Д`)




ヤレヤレ 








○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●





昨日の続き

「読み書き障害について」 書きについて~


①単文字単位

・ひらがなの似た文字の間違いはないか 「め」と「ぬ」 「わ」と「は」
・鏡文字はあるか
・カタカナを全て書けるか (スラスラと書けないのも問題)3秒以上は遅延
・特殊音節は正確に書けるか
・濁点や半濁点は抜いてないか
・例えば......体に関する漢字はどの程度書けるか
1年生→口、目、手、足、耳
2年生→顔、首、頭、体
3年生→鼻、歯、血、息、皮
4年生→胃、腸、脈
5年生→舌、額、眼
6年生→胸、筋、骨、臓、脳、肺
  (これって、難しくないですか?息子は2年生で止まってるかも・・・)
・漢字の誤り
形→「父」と「文」 「手」と「毛」
音→「舌」と「下」 「興」と「共」
意味→「詩」を「語」 「浅」と「深」

②文単位

・助詞は正確に書けるか
「へ」と「え」 「は」と「わ」 「を」と「お」
・句読点は抜けていないか
・ひらがなばかり書いていないか
・文字を思い出すために止まる時間は無いか


ちなみに特殊音節とは

拗音(ようおん) 小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」

促音       ちいさい「っ」

長音       「-」「う」などののばす音

撥音(はつおん) 「ん」




以上、本の内容をさらっとまとめてみました




日本の先生たちが考案した

読み書きスクリーニングテストなどもあるようです






書けなくても読めれば調べることができます

今は便利な道具がたくさんあります

それを使えば書けます

(実際、私もそうだし)

書きより読みのほうが大事だと仰る方が多いですね



でも

教育現場ではまだまだ理解不足

知的と学習障害を一緒だと思っている先生もいるんじゃないでしょうか?









そういえば・・・・

私が子供の頃

漢字テストで間違った漢字を100回書いてくる

なんて宿題があったなぁ~










↓よろしかったらポチッとお願いいたします

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

読んで下さってありがとうございます
さぁ 明日も頑張ろうっ!!(*・ω・)ノ