わたしは頑張れるのかなぁ?

凹凸のある子育てや日々の生活を書き綴っていきたいと思います。

小学校時代の娘

将来の夢






こんにちは

いつも

読んでくださって、

ここに来ていただいて、

ありがとうございます。






前回の記事での

コメントのお返しをしていて

ふと・・思い立って

娘の部屋から

小学校の卒業文集を拝借しました

以下、読んでくださると嬉しいです。




..........





「将来の夢・・・・・・保育士」



私は、将来保育士になりたいと思っています。
そのきっかけは、保育園の先生に出会ってからでした。
保育園に通っていたころ先生に凄く怒られたことがありましたが、
そのとき自分から先生の所へ行ったら「えらいね。」と言われて
すごくうれしかったからです。

ピアノに合わせて、リズムをとったり、
歌ったりする時に先生は、とても楽しそうできれいでした。

本を読んでくれた時は、本の中に書いてある絵と同じように
「びっくりしている所。」「泣いている所。」
「おこっている所。」「うれしそうにしている所。」
いろいろな場面で、先生は気持ちをこめて読んでいました。
そういうところをみんなよろこんで聞いていました。
私は、絵本などを読むことで、小さな子は本の楽しさをわかるのだと思いました。
私も家でたまに弟に本を読んであげると、
自分自身ではあまり気持ちがこもっていないと思いました。

保育士にはどういうふうにすればなれるのかと言うと
私自身では「勉強。」「努力。」「おもいやり。」「優しさ。」が必要だと思いました。
勉強をしなければ、資格が取れないし、努力をしないと何事も出来ない。
優しい気持ちをもたないと子供達には好かれないと思います。
だからこれからも努力していっぱい勉強してがんばりたいです。
その次「優しさ。」「思いやり。」は、人に対しての思いやりをもっていきたいです。
だれとでも仲良く出来ないと保育士だってぜったいなれないと思います。

これはマイナスのことだけど、自分はしゃべるとき、必ず強い言葉をいってしまったり、
人の気持ちを考えなかったりすることがあるので、気をつけなければいけないと思います。
だからこれから中学になっても、どこに行っても人の気持ちを考えてがんばりたいです。
私はほんとうに保育士なりたいという気持ちが強く4年生のときからずっと変わりません。

保育園の先生に出会ってから、いろいろ教えてもらって、
やさしくしてもらって自分自身でも感謝しています。
こんなふうに私も保育園の先生になってみんなに感謝されたいです。

これからも「勉強。」「努力。」「思いやり。」「優しさ。」を忘れてはいけないと思います。
なのでこの「保育士になりたい。」ということを強く心の中にいれてがんばりたいと思います。





..........






書いてあることと

実際の中学時代は・・・

あまりに違いましたが(笑)


まぁ

それはおいといて



娘のこの気持ちは

現在まで変わらずにいるんですね










setsudenb_j_120_90


読んで下さってありがとうございます。
よろしければ ぽちっ とお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

人気ブログランキングへ

書初め






こんにちは

いつも

読んでくださって、

ここに来ていただいて、

ありがとうございます。





昨日

押入れの整理をしていましたら

奥に・・・・

娘の小学校3年生時代の

教科書や作文が出てきました





我が家は

教科書等をいつまでも取っておくんです

だから押入れがぎゅうぎゅうになってしまって

今回は教科書の処分です

あまりに取っておきすぎるので

よく、お友達から

「教科書失くしたの~ちょうだいーー!!」

って言われます(笑)






息子が現在小学校3年生


ちょっと比べてみようか・・・と

意地悪な親心がムクムクと沸いてきました





作文を見れば、一目瞭然




BlogPaint



息子の雑な字と違い

とっても丁寧に書いています

「たのしかったうんどうかい」



おかあさんがおとうとをおんぶしてたいへんそうでした




と、最後に締めてありました(笑)




だってぇ~

その頃の息子は1歳半頃

すぐに脱走して

追いかけるのが大変なので

おんぶですーーー!!

肩こりの酷い私にはとっても辛かったけれど

運動会や、娘の行事には

ベビーカー(抜け出すから意味ないけど)

前抱っこ

おんぶ

は必要不可欠でした


あの頃の息子を知る人たちは

「ホント、大人しくなったねぇ~」です

離婚して約一年の頃でもあり

一番大変だった時期でもあります



あっ 話が逸れましたね



お次はこちら



BlogPaint



書初めです



後ろの散乱したものは気にしないで(笑)

なんせ、片付け途中で撮りましたから



おぉ~うまいじゃない?

お習字やっていた甲斐があったね~

お習字で賞状も結構貰っていたしなぁ~




そして・・ですね



先週末に持ち帰ってきた

息子ちゃんの書初めです

比べてみましょか



BlogPaint




私からは・・・・

何も申すことはありません




当の息子ちゃん


娘の作文の字と書初めを見て


「僕と全然違う・・・上手だね~」


娘は、息子の書初めをみて


「ちょっとぉ~字が死んでるよ!! 線が細すぎるっしょ!!」


と・・・嘆いておりました





男女差もあるけれど

同じ学年でこうもはっきり違いが分かると

なんか笑っちゃうというか(ごめん 息子)

面白いですね







懐かしい気分にさせて頂きました








がむしゃらだったあの頃


娘のお友達とのトラブル

息子の喘息入院

慣れない仕事


ホント、頑張ってたなぁ~


そして・・・

若かったなぁ~











setsudenb_j_120_90


読んで下さってありがとうございます。
よろしければ ぽちっ とお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

人気ブログランキングへ

世界に1つだけの絵本






こんにちは

いつも

読んでくださって、

ここに来ていただいて、

ありがとうございます。





今朝は雪が積もっていました



NEC_0698



車に積もったのは5cmぐらい?

昼間はお日様がさしたので

道路の雪はすぐになくなりました






..........






娘が小さいときに

姉から贈られた絵本です




NEC_0697





BlogPaint



娘の名前が書いてあり

姉の名前で贈られています



絵本の内容は・・・



主人公の女の子は娘の名前です



娘がイブの夜

サンタさんが来るのを心待ちにしていてベットに入っていると

靴下の中にはおもちゃやチョコがいっぱい入っていました

娘は

「サンタさんは世界中の子供達に

プレゼントをとどけなきゃいけないのに

私の欲しいものちゃんと覚えていてくれたんだ」

ってとっても嬉しく眠りに着きました

次の日


BlogPaint


娘は教会に行った帰りに、大きな貼紙をみつけました

森の動物達も集まってきました

そして、サンタへ贈り物をきめる会議を開きました

贈り物はマフラーです

どうやってマフラーを届けるか?

森の奥に住むふくろうのマウじいさんに聞きに行きました

マウじいさんは

「サンタは一年中忙しいんじゃ、じゃから、サンタに会えるのは

一年に二回だけ、それはクリスマスイブとその夏の最初の満月の夜なんじゃ」

その満月の夜がサンタの国のクリスマスイブなのです


サンタの国は一年中冬

そこにはたくさんの小人がいて

サンタの仕事を手伝ってる

サンタに会うときは必ず白い帽子と服


娘と動物達は、

サンタクロースと小人達のマフラー作りにとりかかりました


満月の晩、みんなで大きな木の下にあつまりました

シャンシャンという音とともにトナカイがおりてきました

サンタクロースの家に着きました

中をのぞいてみるとパーティーがおわったあと

小人達はソファーで気持ちよさそうに眠っていました

くまのランディがえんとつに足をひっかけてだんろにまっさかさま!!

家のなかは大騒ぎ

パジャマ姿のサンタクロースがびっくりして

「ああ!!あなたがたは満月の夜に現れる天使でしょう?」

サンタがとっても嬉しそうに言いました



BlogPaint



「そうです、サンタさんそれにいつもおてつだいをしている小人さんたち

世界中のこどもたちは、みんなあなたがたのことがだいすきなのです

世界中の子供達を代表して、みんなでサンタさん達に


クリスマスプレゼントを届けにきたのです」


娘はサンタさんの首にマフラーをかけてあげました



そして、再びパーティがはじまりました。






       おわり








久しぶりに読んでみました

この本をクリスマスに貰って

娘は嬉しくて

しばらくは毎日読んで

学校にも持っていったぐらいです



今は、息子ちゃんの本棚の中ですが

この時期になると

思い出して弟に自慢して言ってますね~

「自分の本があるのよ」って

息子ちゃんは

まっ~たく気にしていませんが








そういえば

サンタさんからのお手紙も贈ったなぁ~

(サンタさんから娘あてに届くお手紙)








今年は・・・

(多分、去年も

ツリーはださずに

玄関にリースと飾りのみ

さみしいぃ~






次回は

息子ちゃんの

サンタさんへの毎年恒例の

「プレゼント催促お手紙」

お見せいたします










setsudenb_j_120_90


読んで下さってありがとうございます。
よろしければ ぽちっ とお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

人気ブログランキングへ

小学校6年生・やさしさ





6年生になると

修学旅行があります。



ここで気になるのは

そう.....

グループ決めですよね。

好きな子同志で決めます。



娘は

クラスでも

面倒見が良くて

頭も良いMちゃんと

5年生から

友達関係で不登校気味の

Aちゃんとの3人でした。

(Aちゃんの不登校の原因は娘ではありません)




教室で

Aちゃんと娘は

一緒にいることが多く


(お互い仲の良い子がいなかったからだと思う)



Aちゃんは精神的に

かなりナーバスになっていて

旅行にお母さんが

付いていってしまうんじゃないかと

思うほどでした。



でも

娘はAちゃんに

優しく接していました。



修学旅行の夜。

宿泊先はホテルなので

お風呂は部屋ごとでした。



Aちゃんは

怖くて一人では

お風呂に入れないって

泣き出してしまったそうです。


困った先生は

娘とMちゃんに

Aちゃんが

お風呂に入っている間

ドアを開けて

見ていてあげて

と言ったそうです。



2人は

Aちゃんが

お風呂から出るまで

ドアを開けて

待っていてあげたそうです



それ以外でも

すぐに泣き出してしまう

Aちゃんに

根気強く付き合って

あげたそうです。





自分より

絶対的に弱い子には

やさしいんです。




Aちゃんは

クラスの子の一部に

いじわるされていました。


席にいないすきに

給食の残り物を

置かれたりしていました。

娘は

そういった集団での

いじわるはしない子でしたので

(娘は自分の怒りや寂しさを悪い行動で相手にぶつける子)

Aちゃんは

娘を頼りにしていたようです。



Aちゃんは

中学になっても

ほとんど相談室登校でした。

娘は

ちょくちょく

相談室に遊びに

いっていたようです。







こんな

良いところもあるのに

なんで

自分のことになると

相手を

攻撃してしまうんだろう?





白黒はっきりしすぎの娘。



『昨日の友は今日の敵』




これって

一生こうなのかなぁ~

損してるよね。













読んで下さってありがとうございます。
よろしければ ぽちっ とお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
 
    
    人気ブログランキングへ

小学校6年生・夜尿





以前の息子の記事

息子の保育園時代でも

少しふれたんですが






娘は

小学校6年ごろまで

夜尿

いわゆる

おねしょを

していました。





元々、体も小さく

おしっこも近かった。

小1のときは

習い事のストレスで

頻尿に

なったこともあります。

あの時は、

見ているのも

つらかったです。

習い事の時間になると

トイレに行く回数が

増えるんです。

計ったわけではありませんが

1分間に1回ぐらいで

20分ぐらい

ずっと

トイレと部屋の往復です。

戻ってきては

まだ でるっ!!

と言ってトイレへ

出掛けるまで

延々その繰り返し。




最初のころは

びっくりして

私もオロオロしてしまい

膀胱炎になったのかと

思いました。



これは

習い事に対しての

ストレスかな?

と思い始め

しばらくは

その様子を見て見ぬふり。


何週間か

続きましたが

少しずつトイレに行く

回数が減ってきました。



その習い事は

小3で辞めてしまいました。






おねしょは、

冬・夏 関係なく

ほぼ毎日でした。


寝る前の

3時間前ぐらいは

水分も塩分も控え

布団に入る前には

必ずトイレへ行っても

全くだめでした。




小2のころ

夜中、寝てるときに

無理やりトイレへ

連れて行ってたことも・・・

でも

それは逆効果だと知り

やめました。

それから小6まで

おねしょをしても

絶対叱らないことにしました。



幸いなことに

緊張していると

しないみたいで

外泊のときは

一度も失敗はなしです。






誰かに

女の子は生理がはじまると

自然に治るわよ~

と言われまして

ほんとかなぁ

と半信半疑でしたが・・・





当たっていました。

小6に生理がきて

それとは反対に

おねしょも

しぜ~んに

しなくなりました。







緊張すると

頻尿になるのは

今でもですが・・・





息子は

昼間のチビリはあるのに

寝る前に水分とっても

まったく

おねしょはしません。

体格の違いですね。



息子は

平均的な体格で

プラス

逆にためこんでしまう

タイプだし・・・。




娘は

平均より小さくやせてる子






うちの子供たちは

どうして

おしっこ関係

弱いんだろう












読んで下さってありがとうございます。
よろしければ ぽちっ とお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ












~ご訪問ありがとうございます~



初めていらしてくださった方へ・・

カテゴリー別の
「はじめましてRinRinです」
からお入りください


その次に
「まずここから・・・・
      私の子供時代」
を読んでいただけると嬉しいです




ごゆっくりどうぞ  (^∀^)



livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ