わたしは頑張れるのかなぁ?

凹凸のある子育てや日々の生活を書き綴っていきたいと思います。

障害

こんな風に一緒に見れるなんて・・・


今日のハートネットTV


自閉症の男の子が

小学校に入学にしてからの240日を取材していました



かなり共感しながら

微笑ましく見させて頂きました


「ある、ある~!」って(笑)


あのどこにでも寝転ぶ姿や

行事に対しての見通しのつかない不安感

「脱走さえしなければいいの・・」

と、言っていたお母さんの言葉




小1ギャップと中1ギャップの違いはあるけど

去年、私が担当した生徒の姿にそっくりでした




そんな思いを抱きながら見ていた私の隣で

とっても真剣に見ていたのが娘


実は、保育の勉強をはじめてから

発達障害に興味を持ちはじめ

その方面の仕事もしてみたいと言っていて

通園施設などの就職も視野に入れているんです

(求職はなかなかないらしいです)

まさか娘がそんな考えになるとは思っていなくて

話を聞いた時は嬉しかったんですが

その反面、あの娘がっ!と・・・心配にもなり

施設は肉体的にも精神的にも大変だし

まだ施設実習を体験してないんだから

保育園への就職も一応考えておいた方がいいよと

やんわり言っています



そんな娘と一緒に

この番組を見れるなんて

去年までは考えられなかったことです



なんだかとっても夢をみているみたいです











↓よろしかったらポチッとお願いいたします

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

読んで下さってありがとうございます
さぁ 明日も頑張ろうっ!!(*・ω・)ノ



心の中で「ちょっとだけ頑張れ」と呟く



昨年度の勤務先支援学級で

卒業を見送った生徒からメールがきました



卒業したばかりの時は

初めての携帯だということもあり

頻繁にメールを寄越してくれていましたが

高校に入ってからはメールも来なくなりました



実は・・・・

その子、高校に入ってすぐ

入学先の高校から中学校に

「学校に不適応をおこしている」と

連絡がきていたそうです

昨年度の担任に会った時

そんな話を聞いていました


心配だったんだけど

私から連絡するのはどうかなぁ~と思い

噂だけを風のたよりに

三学期に入っていました


その子の入学先は、高等養護学校です



今の勤務先支援学級からも

来年度、同じ高等養護学校に

入学がきまっている子も何人かいるので

気になるところでした



余談ですが

昨年度、私が担当した生徒は

無事に養護学校に入学が決まりました (^-^)/

この子とは今でもお母さんと共に

連絡を取り合ったりしています

今はとっても落ち着いて学校生活を送っています






話は戻り・・・



その子から久しぶりにメールがきたんです!


ラインを始めたらしく


時々ラインしてもいいですか?って!


私は喜んで許可をしました




暫くやりとりをしてて

「学校行ってないんです」って

書いてきたんですね



「先生がとっても怖い」とも・・・


作業をきちんと出来ないと反省文を書かされる

自分は悪いことをしたとは思ってないのに・・・怒られる



でも、

学校に行かなきゃいけないのはわかっている

行けるようにしたい!とも・・・





なんだか切なくてね


多分、

不登校の件は散々周りから言われているだろうから

私は深く突っ込みませんでした



「がんばれ!」なんて書けません


だって

がんばってるもん・・・



ただ

お父さんとお母さんは心配してるよ

ってだけは書いて送りました





高等養護学校は

就労が目的だから

確かに厳しいんだと思う



難しいかもしれないけれど

暖かくなった頃には

少し前に踏み出してくれているといいな








↓よろしかったらポチッとお願いいたします

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

読んで下さってありがとうございます
さぁ 明日も頑張ろうっ!!(*・ω・)ノ

読み書き障害(2)





今朝

着替えをしている息子をみていたら・・・・







パンツ





後ろ前逆に穿いてたぁーーー (つд⊂)ゴシゴシ






穿きなおすように言ったら


「平気だよぉ~ん」だってさ・・・・


「体操着に着替えるときに笑われるよ」と言ったら


「あっ そうかぁ~」


と、穿きなおした息子であった ε=ε=(;´Д`)




ヤレヤレ 








○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●





昨日の続き

「読み書き障害について」 書きについて~


①単文字単位

・ひらがなの似た文字の間違いはないか 「め」と「ぬ」 「わ」と「は」
・鏡文字はあるか
・カタカナを全て書けるか (スラスラと書けないのも問題)3秒以上は遅延
・特殊音節は正確に書けるか
・濁点や半濁点は抜いてないか
・例えば......体に関する漢字はどの程度書けるか
1年生→口、目、手、足、耳
2年生→顔、首、頭、体
3年生→鼻、歯、血、息、皮
4年生→胃、腸、脈
5年生→舌、額、眼
6年生→胸、筋、骨、臓、脳、肺
  (これって、難しくないですか?息子は2年生で止まってるかも・・・)
・漢字の誤り
形→「父」と「文」 「手」と「毛」
音→「舌」と「下」 「興」と「共」
意味→「詩」を「語」 「浅」と「深」

②文単位

・助詞は正確に書けるか
「へ」と「え」 「は」と「わ」 「を」と「お」
・句読点は抜けていないか
・ひらがなばかり書いていないか
・文字を思い出すために止まる時間は無いか


ちなみに特殊音節とは

拗音(ようおん) 小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」

促音       ちいさい「っ」

長音       「-」「う」などののばす音

撥音(はつおん) 「ん」




以上、本の内容をさらっとまとめてみました




日本の先生たちが考案した

読み書きスクリーニングテストなどもあるようです






書けなくても読めれば調べることができます

今は便利な道具がたくさんあります

それを使えば書けます

(実際、私もそうだし)

書きより読みのほうが大事だと仰る方が多いですね



でも

教育現場ではまだまだ理解不足

知的と学習障害を一緒だと思っている先生もいるんじゃないでしょうか?









そういえば・・・・

私が子供の頃

漢字テストで間違った漢字を100回書いてくる

なんて宿題があったなぁ~










↓よろしかったらポチッとお願いいたします

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

読んで下さってありがとうございます
さぁ 明日も頑張ろうっ!!(*・ω・)ノ


読み書き障害(1)





夏休み以降

かなりの本を読破しております

これから暇があれば

私が読んでよかったなぁ~と感じた本を

少しずつ紹介していきたいと思います










まずは・・・・こちらの本


図書館から借りて読んだのは9月ごろ

メモした中でのアップ記事なので

曖昧な箇所があるかもしれません

了承してください



息子は夏休み、3年振りに検査を受けました

WISC-Ⅲ

K-ABC(1部)

児童用領域別効力感尺度

バウムテスト

以上の4つのテストを2日間かけて受けました

(数値的細かいことは追々書こうかと思っています)

その結果、やっぱり言葉の読み書きに困難さがあるということでした



そこで、この本読んでみました

ただ、英語圏の解釈なので日本語における読み書き障害の解釈と違う所もあります

(日本語の解釈は余り進んでいないのが現状らしいです)




まず、読むことについて~

読むプロセスには

①デコーディング(文字記号から音声を想起すること、文字の音声化・単語を音に分解する、単語認識)

②理解(意味)



読み書き障害(ディスレクシア)の目印は知能ではなく音素認識にあると言われています

(音素認識とは個々の音・音素を認識、識別、操作する能力)



文字の意味は理解できていても個々の単語を読み取るのに苦労します

意味や理解をつかさどる言語機能に支障は無いけれど
この機能は単語認識ができて初めて使えるようになる為
デコーディング機能が弱い子は意味理解に繋がらなくなります

でも、デコーディング機能が弱くても他の強み(推論、概念形成、理解、一般知識、問題解決など)が
カバーしてくれるので単語が上手に読めなくても意味(知識)はあります






私の表現能力が拙くてごめんなさい

なんだか意味不明な文章になってしまいます

でも、当事者のお母さんは分かってくれるのではないか?

と勝手に解釈して書いています




声に出して(音読)は苦手でつっかかるんだけど、黙読はできるんです
だから、文章の前後の内容や話全体の意味もつかんでいます

な・の・で

プリントの問題はできるんです!

学習能力もあり、推論・思考する力はあるんです



「あれ」「これ」ですませるのは思考能力がないのではなく

表現する言葉が出てこないだけ(まさに息子・・・・)




この障害は、IQと読む力の差は例外を除き役に立たない意見が多いそうです



WISCの偏差もあまり関係はないようです



K-ABCでは習得度尺度がはかれます

「なぞなぞ」→推論・思考力

「語の読み」「文の理解」→読み

と、なっています

ここで「なぞなぞ」の得点が100で「語の読み」が70とか80であれば
読みの困難さがあると評価されます

(息子には、しっかりそれが出てました)





脳には文字を捉える3要素があるそうです

①形を見てわかる(図形・視覚認知)
②目で見たものを覚えておく(視覚記録)
③言葉を音の小さな単位に分解したりして言葉と音の関係がわかること(音韻認識)

この情報処理がスムーズにできない為に通常とは違う脳の働きをしているといいます




読み書き障害の原因は

視覚性音韻性に大別されるそうです




視覚性で感じの読みに苦労している子にふりがな(ルビ)は有効ではない

音声による読み上げ(代読)はどちらが原因であっても有効



視覚性の書きに対しては書き順を具体化してあげる

「具」だったら

目(めを書いて)

一(横いちを書いて)

八(はちを書く)



音韻性の書きに対しては偏と旁の組み合わせとして教える

「終」だったら糸と冬

「読」だったら言と売





これで考えると

我が息子は視覚性



検査でも自分で読む問題はできなくても

同じ問題を耳から聴くとできていました

(検査は全て同席しました)



聴覚から得られた言語刺激は問題ないと書かれていて

単語認識はできているようです

だだ、文字で書かれた情報の把握が難しいとのこと等々・・・・




なるほどねぇ~



こうやって

色々紐解いてみると中々面白いですね ヾ(=^▽^=)ノ




次回は「書き」について書きたいと思います






*バタバタと入力してしまったので間違いがあるかもしれません( -д-)ノ


↓よろしかったらポチッとお願いいたします

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

読んで下さってありがとうございます
さぁ 明日も頑張ろうっ!!(*・ω・)ノ


就学の時期






就学が近くなり

知り合いのブロガーさんも

この話題を取り上げている方が多い




就学指導委員会が忙しくなる時期になります




私の住む市の場合



小学校には

知的、情緒の2クラスがあり

通級があります

適応教室もあります




でも

中学校は知的のみです

適応教室はあります



就学指導委員会で

知的の判定がでれば

支援学級在籍可となるんですが

不可となれば

通常級の在籍となります




小学校で特支にいても

中学では特支対象にはならない場合も有り得ます






そして

児童相談所で

知的の判定がされず

療育手帳がもらえなければ

原則

中学で支援学級に在籍していても

養護学校(特別支援学校)

高等養護学校(高等特別支援学校)

には進学できません

(視覚、聴覚、肢体不自由、病弱は別として)


教育制度と福祉制度の違いですね






逆に

療育手帳B2判定の生徒が

この時期に

公立の高校を受験したいと

言い出すことも多々あります



養護学校(特別支援学校)

高等養護学校(高等特別支援学校)

に見学に行ってそういう考えになるみたいです



B2ぐらいの子だと

コミュ力もそこそこあります

見学に行き

様々な障害特性を持った子をみて

ちょっとカルチャーショックを受けるみたい



自分とあの子達とは違うって・・・・








公立中学校の先生は

比較的、支援級の生徒に優しいですね

支援高校の先生は

それに比べれば厳しいかな?と思います




特別支援学校は自立が目標です



社会で生きていく為に

自分の障害に対しての

自己理解もしなくちゃいけません






親の最終目標も

子供の自立だと思います





小学校の頃は

先の事なんでまだまだ・・・・だと思います





小・中の先生方は

在籍期間のことしか

考えてくれないと

思っておいたほうがいい

(将来も視野に入れてくれる方は勿論います)




そして

親は子供の将来を

頭の片隅にいつも

置いといたほうがいいかもしれません





就職には

高い社会生活能力が求められるそうです



それには

社会体験をたくさん積むことです



障害をもった子は

いつも大人が側にいるから

社会体験が少ないです

(その為に受身になってしまいます)




例えば

駅で切符を買うこと

(先回りして大人がしてしまう)

ファーストフードに行って注文すること

(先回りして大人がしてしまう)




これは

子育てをしている人

万人に

共通していることですよね




私も同じ親として

息子の将来を

頭の片隅におきながら

毎日の子育てをしていきたいです・・・・










↓よろしかったらポチッとお願いいたします

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

読んで下さってありがとうございます
さぁ 明日も頑張ろうっ!!(*・ω・)ノ













~ご訪問ありがとうございます~



初めていらしてくださった方へ・・

カテゴリー別の
「はじめましてRinRinです」
からお入りください


その次に
「まずここから・・・・
      私の子供時代」
を読んでいただけると嬉しいです




ごゆっくりどうぞ  (^∀^)



livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ